黒石建設

SIMPLE NOTE BLOG

家だけじゃなく土地や外構費用のことも考慮していますか?

2019年07月12日(金) 12:10

家づくりにおいて、

・どのような土地を選べばいいか?

・外構工事に一体どれくらい予算をとるべきか?

というのは、あなたが建てたいと思っている家によって

けっこう異なってくるものです。

 

例えば、あなたが太陽光発電をたくさん載せつつ、

自然エネルギー(光・風・熱など)を活かした、

過ごしやすくまた環境にも家計にも優しい家を建てたいと願うなら、

日当たりをバッチリ確保しつつ、

同時にプライバシーもしっかり確保出来るような土地を購入すべきです。

 

となると、南側に道路のある土地がベストなのですが、

その場合であれば、南に駐車場を取りつつも、

プライバシー確保のためのゆとりが生まれるぐらいの

広さがある土地が最も理想的となってきます。

 

あるいは、南側に道路がなくても

日当たりがしっかり確保できそうなぐらい

広々とした土地が理想的となってきます。

 

こんにちは、黒石建設の黒石です。

 

つまり、いわゆるパッシブ設計と言われている

“自然の力を最大限に利用する”をコンセプトにした設計や、

太陽光発電を搭載するような家にしたいと考えた場合、

 

立地条件が良かったり、土地が広いことにより、

土地の購入費用が、それなりに高くなることを

覚悟していただく必要があります。

 

また、太陽の熱を上手く利用するようにした場合、

直射光を室内に採りこむことを前提とした間取りとなることから、

外に向かってめちゃくちゃオープンな家になり、

それをカーテンで不用意に遮断しないがために、

それなりに外構工事費用に予算を当て込むようにしないと、

そのコンセプトが全く活かされないことになるということも

しっかり覚えておいていただく必要があります。

 

となると、それらを想定した資金計画をすべき

ということになってきますよね?

もちろん高性能住宅ですから家も高くなるし、

それを活かすために土地も外構も高くなる

ということを前提とした資金計画を。

 

そういった家の理屈は、家も土地も外構も高くなるけど、

その分太陽光発電の売電による収入があるので、

大幅なコストアップなく建てられるというところですからね。

 

そのポイントとなる太陽光発電の効率が落ち、

想定していたよりも売電による収入が低くなってしまったり、

余分なコストをかけてまで家を建てたのに、

いざ暮らしてみると、カーテン閉めっぱなしで薄暗いわ、

風通し悪いし、プライバシー低くて暮らしにくいわ・・では、

なんのために家を建てたのやら・・になってしまうので、

土地代と外構代を絶対にケチるべきではないんですよね。

 

ローコストビルダーで家を建てる場合にも、

先程と同じように、土地代や外構工事に、

それなりに予算を組んでおくようにしておくべきです。

 

なぜなら、ローコストな建て方をした場合、

とっても暮らしにくい間取りになってしまうからです。

多くの場合、リビングをはじめ各部屋は全て南に面するように配置し

大きな窓をつくる、そして水回りは北にまとめ、

いかにも水回りがありますよと言わんばかりの小窓をつくっていますが、

基本、このプランを敷地に合わせて少し変えた程度の間取りがほとんどです。

 

しかしこれでは、まずプライバシーが低い家になってしまいます。

なんといっても周囲から丸見えですからね。

となると、カーテンを閉めてそれを遮断するようになってしまいます。

そして、家の中が薄暗くなり、風が全く通らなくなります。

防犯性も良くないですよね。

どこにどの部屋があるのか一目瞭然で分かってしまうわけですからね。

 

ですから、先程のパッシブ設計同様に、

それなりに高い土地を購入し、

かつ外構工事にも余分にコストをかけるべきなんですよね。

そうすることで、暮らしやすさを向上させることが出来るようになります。

(ローコスト住宅は、そもそも家のデザインがあまり良くないので、

外構工事で余分に装飾することで、それをカバーする役割もありますが・・)

 

 

ハウスメーカーのお家も、実はこれと全く同じです。

なぜなら、このローコストな家の建て方は、

そもそも建築費が高いハウスメーカーが、

少しでも安く建てられるように考えた間取り

といっても過言ではないものですからね。

 

ここまでご紹介させていただいた住まいを、

もしあなたがご希望されるなら、

・土地代にしっかり予算をとること!(そのエリアで最も高額な土地が理想)

・外構工事費用をケチらないこと!(土地の坪数×最低3万円は予算計上すること)

この2点を考慮しつつ資金計画&家づくり計画を

練るようにしていただければと思います。

 

それでは、、、

成功の秘訣は3つのことをバランスよく同時に考えること

2019年07月05日(金) 12:10

家づくりを成功させる鍵は、

お金と土地と家の3つをバランスよく考えることです。

そのためには、この3つをバラバラに考えないことが

大切になってくるわけですが、この当たり前のことを行うのが

意外に難しいのが家づくりなんですよね(>_<)

 

こんにちは、黒石建設の黒石です。

 

例えば、土地から家を買って家づくりをしなければいけない場合、

多くの方が、まず土地から探してしまいます。

 

しかし、その流れで進めていった場合、

土地の予算をあなたが住みたいエリアの

相場を中心に決めてしまうようになるのですが、

その予算があなたにとって必ずしも正解というわけではありません。

というより、むしろ間違っている場合がほとんどです。

 

ですから、その前に資金計画を膝を突き合わせてじっくり行うことで、

本来あなたが土地に費やすべき現実的な予算

というものを把握しておく必要があります。

 

また、あなたがどんな家を建てたいか?や

どんな暮らしがしたいか?によっても、

住む地域や選ぶ土地が変わってきます。

 

ですから土地を選ぶ前に、まずどんな家がしたいか?だったり

そんな暮らしがしたいのか?を明確にしておく必要があります。

そうすることで、家の予算も把握することが出来るでしょうし、

結果、土地の予算も把握しやすくなります。

 

そして、家に望む条件が明確になっていれば、

いざ土地が見つかった時に、その土地の上にプランさえすれば、

あなたが望むことが実現出来るかどうか?が明確になり、

土地を決めやすくなります。

 

お金と土地と家をバランスよく考えることは、

あなたが土地を購入しなくて済む場合でも同じです。

 

この場合、実家の敷地内に建てるか?、

実家を取り壊して建て替えをするか?、

親御さんから譲り受けた田や畑を造成して建てるか?

3つが多いと思います。

 

この3つは土地代がいらないことから

さも家に予算が回せるように錯覚してしまいがちですが、

実は、意外と余分な費用がかかってしまうのが

隠れた落とし穴なんですよね。

 

例えば、実家の敷地内に建てる場合であれば、

たいていの場合、敷地がかなり広いと思いますが、

敷地の高低差があった場合、

親世帯との兼ね合いや道路や近所との兼ね合いを考えつつ

高さを決めてみたところ、敷地の造成費用や外構費用に

けっこう大きな費用がかかることだって充分あり得ます。

 

また、水道や排水の埋設場所が悪く、

移設したりやり直したりしないといけないとなると、

これだけでも大きな費用がかかってくることになるので、

こういった費用などについても明確にした上で、

家の予算や要望を決めるようにすべきなんですよね。

 

建て替えの場合であれば、

まず解体費用がかかってくることになるのですが、

まーこれは、普通に考えたら分かるとして、

建て替えの場合、高い確率で必要になってくるのは地盤改良費用ですね。

 

もともと家が建っていたから地盤は心配ないだろう

と考える方が多いですが、全くそこには因果関係はなく、

こればっかりは調査してみないと分からないので、

勘違いしないようにしていただければと思います。

 

また、あなたの実家が水災の心配がある地域であれば、

建て替えを機に、土地を上げようという話になるかもしれません。

その場合、敷地が広ければ広いほど造成費用がかさむことになるので、

その費用も甘く考えないようにしていただいた方がいいでしょう。

 

水圧の問題や、市の規定などから、

水道の口径も太くするようになるかもしれないのも、

建て替えではよくある話です。

その費用だって下手したら何十万もするわけなので、

予算計上するのを忘れないようにしないといけません。

 

田や畑などに建てる場合には、

造成費用が相当かかることになります。

土の入れ替えに盛り土、隣地との境界の新設、

水道の引き込みなどを合わせると

何百万円もの費用が普通にかかってくることになり、

地域によったら土地を買う方が安くつく場合もあるので、これも良し悪しですね。

敷地が広くなる分、後の維持管理費用や手間だって大変になってしまいますしね。

 

という風に、土地から買う場合はもちろんのこと、

たとえあなたが土地を買う必要がなかったとしても、

大なり小なりおそらく予想もしていないであろう費用が

かかってくるようになるのが、家づくりです。

 

ですから、お金と土地と家は、

土地から買う場合でも、そしてそうじゃない場合でも、

バラバラに考えないようにしていただき、

それぞれをバランスよく見ながら進めていっていただければと思います。

 

それが予算内で限りなく理想に近い家づくりを実現し、

建てた後も、経済的にも心理的にも、

ゆとりを持って暮らしていくことが出来る秘訣ですから。

 

それでは、、、

不整形な土地を上手く利用した住まい

2019年06月21日(金) 12:05

単純な話ですが、家の面積が大きくなればなるほど、

それに比例して家の価格は高くなってしまいます。

 

ですから弊社では、

不必要である廊下をほぼゼロにするようにし、

面積とコストを抑えつつ部屋や収納を充分にとれるような

工夫を設計において施すようにしているのですが、

あるお施主様の住まいは、廊下がゼロながらも、ご主人の趣味スペースを1階に広々と

設けさせていただいたことから、少しばかり広めのお家となっています。

 

こんにちは、黒石建設の黒石です。

 

そうなれば、もちろん家にかかってくるコストが

高くなってくるわけなので、その代わりとしてお施主様には、

購入いただく土地の予算にシビアになっていただきました。

 

まず、最初にお会いさせていただいた時に、

お施主様はすでにたくさんの土地をご覧になっていたので、

資金計画から導き出した予算内に、

価格交渉も含めておさまるであろう価格の土地候補を

ピックアップしていただき、

その中で最も直感的に“ここなら住んでいいかな?”と思える

土地に絞っていただきました。

 

そこで選ばれたのが最終的にご購入された土地だったのですが、

お施主様は、2点ほど疑問を抱えておられました。

 

まず1つは、その土地は60坪あるのですが、

旗竿場の不整形な土地であることから、

お施主様にとっては、どうしても土地が狭く感じてしまい、

思っている家が建たないんじゃないか?

という不安というか疑問を抱えていたということです。

 

これに関しては、その土地を契約する前に、

その土地に合わせてプランをさせていただき、

理想の間取りが余裕で建てられることが分かったことで、

あっさりと解決出来ました。

(車だって並列で2台駐められますし、縦列なら4台駐めることも出来ます)

 

続いて2つ目の疑問ですが、

ホントに予算通りの価格で購入することが出来るのか?ということです。

 

その土地は、先程もお伝えしましたが、

旗竿場の不整形な土地だったため、

すでに近くで売られている土地よりも

3万円ほど坪単価が安く設定されていました。

 

しかし、さらにそこから坪単価を2万円ほど落としていただかなくては、

資金計画で導き出した土地予算には届かないという価格でした。

ですから、ここからさらに価格交渉をしていただきました。

これは仲介をしていただく不動産屋さんに頑張っていただくところですね。

 

結論としては、売主さんがとってもいい方だったこともあって、

無事交渉成立となり、予定通りの価格で購入することが出来、

最終的には、相場よりも300万円以上安く土地を購入することに

成功したのでした。

 

こうして、土地を購入し完成した住まいですが、

・靴にベビーカーに子供の自転車にと楽々収納出来る3帖の土間クローゼット

・廊下が全くない超効率的な間取り

・洗濯にかかる手間を大幅にカット出来る楽チン動線

・キッチン裏に設けた大型パントリーで片付け簡単&管理楽々

・小さな子供がいてもリビングをスッキリ保つことが出来る間取りの工夫

・リビングでいることが楽しくなるように施した3つのアイデア

・子供たちがお母さんの気配を感じながら縦横無尽に家の中を駆け回れる

親も子供も共に安心出来る空間づくり

などなど、参考になるアイデアが盛り沢山となっております!

 

 

ではでは、、、

すばらしいと感じる住まいでも ほぼ必ず欠けている要素とは?

2019年06月14日(金) 12:10

同時にいくつものことに配慮しつつ

行なわなければいけないのが家づくりですが、

とりわけ弊社が配慮していることが、

“いかに暮らしやすいか?”ということです。

 

そのためには、必要な箇所に充分に収納がとれていたり、

全ての部屋をずっとフル活用出来るような間取りになっていることが大切で、

これは出来る限り平屋にすることで実現することが出来るということを

前々回お伝えさせていただき、そして前回コストアップをすることなく、

そんな平屋を実現することが出来る現実的なコツをお伝えさせていただきました。

 

また、これは最近ではごく当たり前のことで、

そうなっていることが大前提なので、

あえてお伝えさせていただいていないのですが、

断熱や気密といった点も強化することで、

熱を上手くコントロール出来る住まいにすることも、

暮らしやすさに大きく影響してきます。

 

とはいえ、そのようなポイントを押さえた平屋さえ実現出来れば、

充分に暮らしやすい家になっているのか?と言うと実はそうでもなく、

本当に暮らしやすい住まいを実現するためには、

これらに+αして配慮すべきポイントがあるんですよね。

 

こんにちは、黒石建設の黒石です。

 

それは、、、

 

  • プライバシー性がしっかり守られているか?

ということです。

 

先日、某ハウスメーカーの平屋住宅の広告を目にしたのですが、

寝室&子供部屋2室&ダイニングキッチン&リビング&タタミコーナーがある

典型的な子育て世代向けに企画された間取りでした。

 

キッチンは南に向かって広がるカウンタータイプで、

またキッチンの向こうには、6人掛けのテーブルが、

ゆったりと置ける大空間のダイニングスペースが広がり、

かつその南には2m50㎝ワイドの大窓があり、

太陽の光がサンサンと室内に射し込みます。

 

しかも、その窓の向こうにはウッドテラスが続き、

よく晴れた気候のいい日には、子供たちはそこで元気いっぱいに遊び、

あなたは食事の支度をしながらそれを見守ることが出来ます。

ママ友が遊びにきた時には、そのオープンテラスで

会話を楽しみながらティータイムってのもいいですよね♪♪

 

さらにダイニングから見て南東の方向には、

ダイニングから直線的に続くのではなく、

うまく視線をズラすようにして10帖もの広々リビングが存在します。

 

もちろんリビングには南からもたっぷりと光が注ぎますし、

ダイニングから続くウッドテラスが、

リビングの西面に続くような動線となっているので、

西からもたっぷりと光が注ぎ、眩しいぐらいに明るい空間になることはもちろん、

子供たちも、リビングとダイニングの両方から続く

アウトドアリビングを駆け回ることが出来るので、

絵に描いたような素晴らしい家族の時間を過ごすことが出来るでしょう。

 

いかがですか?

とっても素晴らしいリビングダイニングキッチンだと思いませんか?

さらに、これに加えてタタミコーナーまでこの空間には存在するので、

コストさえ合うのならば、これぞまさに理想的な住まいだと思います。

 

しかし、この間取りには1つ、

とんでもなく大きな落ち度が存在しました・・・

 

それは、玄関の方向も南となっており、

しかも、実はそのウッドテラスが玄関のポーチも兼ねていたというところです。

要するに、玄関からダイニングもキッチンもリビングもタタミコーナーも

全て丸見えだということなんですよね。

郵便屋さんからも宅配屋さんからも、

そして飛び込み訪問で家にやってくるような人たちからもです。

 

さらに、この家を建てる土地は、

間違いなく南側が道路となっている土地でしょう。

となると、ダイニングもキッチンもリビングもタタミコーナーも

全て道路からも丸見えとなってしまいます。

 

となれば、とてもじゃないけどそれらのスペースを

オープンにして過ごすことは難しいと思いませんか?

常に見られているような環境で過ごしていて、

本当にリラックスして家の中で過ごすことが出来るでしょうか?

 

そうですよね・・・

ぶっちゃけ、ちょっとどころか絶対に無理ですよね・・・

 

家は ”いかに暮らしやすいか?”がとっても大切な要素です。

そのためには、プライバシー性の確保までしっかり考えた上で、

住まれる方がワクワクするような間取り提案が出来ないといけません。

 

また、明るさや風通しも、それと同等に大切な要素でもあるので、

窓本来の役割を充分に果たせるような窓の作り方をしないと、

本当に過ごしやすい住まいにはなりません。

しかし、それらを同時に網羅することが出来れば、

防犯性やデザイン性にまで優れた住まいが出来上がっていくことになります。

もちろん収納や動線も素晴らしい間取りでです。

 

とはいえ、これは決して平屋に限った話ではなく、

敷地の性質上、やむを得ず2階建てになったとしても、

必ず網羅しておくべき要素でもあるので、

これから住まいづくりを真剣に考えているあなたは、

その住まいで実際に住んでみた時のことを想像しつつ、

その間取りが自分たちにとって本当に暮らしやすい住まいかどうかを

見極めるようにしていただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

平屋を建てる際の2つの注意点

2019年06月07日(金) 12:10

暮らしやすさと使いやすさに優れているという理由から、

弊社では可能な限り平屋を提案させていただいているわけですが、

 

とはいえ平屋を建てようと思うと、

どうしても2階建ての同じ面積の家と比べると坪単価は高くなり、

購入いただく土地の面積も広くしていただかなくてはいけなくなるので、

土地のコストアップまでしてしまう可能性だってあります。

 

さらに、ご存知の通り全ての部屋を1階にレイアウトするのが平屋なので、

設計が悪ければ、プライバシー性に驚くほど乏しかったり、

また、どこにどんな部屋があるのか一目瞭然で分かるような

間取りにしてしまった暁には、防犯性までも非常に低い家になってしまいます。

 

こんにちは、黒石建設の黒石です。

 

ということで、平屋を建てようするならば、

これからご説明させていただく2つのポイントに注意しつつ、

間取りを考えていくようにしなければいけません。

 

 

では、まず1点目ですが、、、

 

  • コストアップを防ぐためにムダを省き必要最小限の面積に抑える

です。2階建て住宅の最も不便なところは、

上下に部屋が分かれてしまうことです。

 

こうなると、子供は自分の部屋に荷物を持って行くのがめんどくさくなり、

結局おもちゃなどの荷物がリビングに散乱することになってしまいます。

また洗濯物をいちいち2階まで持って行くのも、

毎日となれば、かなりめんどくさくなってくるため、

やがてそれらは階段に置かれるようになってしまったり、

あるいはリビングやダイニング周辺に適当に置かれるようになってきます。

 

さらに、服だってわざわざ自分の部屋まで取りに行ったり、

片付けにいくのが、だんだんめんどくさくなってくるので、

いつの間にかダイニングの椅子がハンガー代わりになってしまうようになります。

 

これらを2階建住宅のままで防ごうと思うと、

1階に収納をたくさん作ることになり、そうなれば面積が大きくなり、

どんどんコストがかさんでくることになります。

そうなれば、ローンの負担が上がり後の生活がキツくなってしまいますし、

家の面積が大きくなればなるほど、

掃除の手間や維持管理だって相当大変になってくるようになります。

 

その点、平屋となれば、寝室にせよ子供部屋にせよ、

全て1階に存在するようになるので、

先程の2階建てのように余分に収納を増やさなくても、

自分の服や荷物を自分の部屋の収納に片付けられますし、

洗濯物を片付ける動線も短くなるので、

リビングやダイニングが汚くなりにくくなります。

 

ですから、平屋にすることは、

使いやすさとムダに面積を増やさなくても済むことから合理的なわけなのですが、

とはいえ、坪単価が高くなってしまうがゆえに、

さらにムダなスペースをカットしていく必要があるんですよね。

 

そのためには、寝室や子供部屋の配置を

上手く設計することが必要不可欠になってきます。

これらの部屋の配置が上手く出来れば、

2階に個室を配置した時のようなムダな廊下を、

全てカットすることが出来るようになります。

 

また、2階に個室を作ると2階にもトイレが必要になってきますが、

平屋となればそのトイレをカットすることが出来るようになるので、

これらを合わせると4帖ほどムダな面積をカットすることが出来ます。

 

しかも、2階の子供部屋や2階のトイレは、

間違いなく将来誰も使わなくなる部屋となるため、

その掃除や管理の手間も同時にカット出来ることにもなるんですよね。

 

さらに、平屋にすれば階段だってカットすることが出来ます。

(これは当たり前のことですが(笑))

となれば、2帖+2帖=4帖分面積をカットすることが出来るので、

先程の廊下&トイレの面積カットと合わせると、

トータル8帖(=4坪)もの面積をカットすることが出来るようになるんですよね。

 

そう考えると、たとえ平屋にしたとしても

それほど大幅にコストアップすることなく、

同じ部屋の広さと収納量を保ちつつ、

かつ、それらが全て1階にあるがゆえに使いやすさをアップさせつつ、

建てることが出来るようになるということが、

けっこうお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

あっ、そうそう。

家の面積がカット出来れば、土地の面積だって

それに伴ってカットすることが出来るようになるんですよね。

 

多くの方が平屋を建てようと思うと、

70坪以上は土地の広さが必要だと思われているのですが、

実際のところは、55坪もあれば4人家族が、

充分ゆったり暮らしていただける平屋住宅を建てることが出来ます。

 

もちろん、先程ご説明したように、

ムダを限りなくカットし、

必要最小限の面積に抑えることが出来たらですけどね。

(普通のムダだらけのだだっ広い平屋なら70坪以上は必要だと思います)

 

ということで、平屋を建てるとしたら、

家にせよ土地にせよ、ムダにコストアップをさせないためにも、

まずはムダを省き面積を必要最小限に抑えるようにしましょう!

 

でも、それだけでは、

“暮らしやすさ”という点において、

大きく欠けているところがあるので、

もう一点注意しなければいけないポイントがあるんですよね・・・

それでは次回は、このもう1つのポイントについて

お伝えしていきたいと思います。

 

どうぞ次回もお楽しみにーーー!!!