黒石建設

住宅業界の秘密

どうして、「押し売り営業」 が当たり前なのか!?

「押し売り営業で困ってしまった」、そういうお話を聞かれたことがあるかもしれません。残念ながら、この住宅業界では、まだまだ押し売り営業が多く、お客様にイヤな思いをさせてしまうことが多いようです。特に、大手ハウスメーカーや地元の比較的大きなビルダーさんは、営業マンの「ノルマ」も厳しく、成績を上げるためには手段を選ばず営業をしてしまう方が多いのも事実です。

 

住宅に限らず、商品というものは、消費者の方が自由に選択するものです。夜討ち朝駆け営業で、「無理やり」売り込むものではありません。私たちは、「本当に良いものを安く提供できる自信があれば、消費者の方から選んで頂ける」 と考えております。見学会にご参加された方々にも、私たちの方から売り込みは一切ありません。なお、お知りになりたいことなどがあれば、どんなことでもお気軽にご質問いただければお答えしています。

なぜ、「オプション」ってこんなに高いの!?

坪単価29.8万円、26.5万円など、様々な「坪単価」が住宅業界には存在しています。「あ、安いなぁ!」 と思って見積もりを取ってみると、「○○はオプションになります」 との返答。確かに、住む人にとって必要なものは異なりますので、多少のオプションは仕方ないでしょう。しかし、実際のところ、坪単価表示でいくら安くても、オプション工事によって坪38万円、40万円、50万円となっていくのはなぜでしょうか?

 

実は、これは本体工事とオプション工事との利益設定の違いによって起こる出来事なのです。本体工事の部分で利益設定を抑えて、追加工事で利益をあげよう、という手法は住宅業界で横行しているのです。坪数の表示も各社様々です。統一した基準はありません。同じ間取りでも、会社によって坪数が違います。数字のマジックにだまされてはいけません。坪単価だけでなく、全て入っていくらなのか? というところに注意してください。

「手付金」ってなんのためにあるの!?

「手付金を払ったら、営業マンの態度が変わった」 とか、「解約しても手付金を返してくれなかった。しかも200万円も!」 というお話を聞くことがあります。これはいったいどういうことなのでしょうか。本来、手付金というものは、「工事代金に充当される」とされています。つまり、工事金の支払いであるわけです。実際、工務店が工事を始めてから、初めて工事金を業者に支払います。契約の時点ではいらないわけです。

 

しかし、契約時点でどうしてお金が必要になるのでしょう?

 

これは、契約時に手付金(しかも多額の)をいただいて、お客様の気が変わらないようにしようという意味があります。お客様を拘束する、縛り付けるようなこの悪しき習慣を、私共は無くしていきたいと考えております。実際、私たちのところに寄せられるご相談の中に、「契約を止めたいんだけど、お金を返してくれない」 というものが意外と多いのです。住宅は消費者の方が自由に選ばれるものです。決して縛り付けるようなものであってはいけません。

どうしてそんなに 「値引き」 できるのか!?

見積りが出てきて、「あんたのとこ高いよ。よそはもっと安かったよ」 というと、「300万円値引きします」 と言い出す営業マンが存在します。他にも、月末になって突然、「今日契約をしていただけるのであれば300万円ひかせていただきますのでお願いします!」 と言い出す住宅会社も存在します。

 

「安くなってよかった!!」

 

いやいや、ちょっと待ってください。300万円というと、1人分の年収に近い金額です。他の業界でこんな規模の値引きをするところがあるのでしょうか?

 

例えば、出来上がっている商品であれば、安くなるのは結構うれしいです。商品が変わることはありません。しかし、住宅はお金を払ってから作り上げていくものです。金額が下がった分、どこで調整するのです。見えるところは代えることが出来ないわけですから、見えないところで代えていくしかありません。つまり、隠れる部分でわからないように、「手を抜いて」 いく可能性があるのです。

 

もし、もともと値引ける商品であったとしたら、なお問題です。そんな人を馬鹿にした話はありません。何も言わなければ値引きの話を出さず、年収に近い金額はそのままだったのでしょうか。本来、住宅会社は、正直な本当の見積りを作っていかなければならない、と私たちは考えております。