黒石建設

スタッフブログ

その時、どうするか

2019年 05月 01日 (水)

こんにちは。アキです。

とうとう新年号「令和」です。

令和という文字は何となく清々しい日本らしいイメージがあって、私は好きです。

来年は東京オリンピックもありますし、良い時代になるといいですね!

そして今年香川県では瀬戸内芸術祭が開催され、盛り上がっております。

その影響なのかはわかりませんが、

最近外国から来たであろう人が増えたように感じます。

コンビニで買い物中、ハンバーガーを見つめる外国人の方が振り返って私に声をかけてきました。

「これ、豚、入ってますか?何が入ってますか?」

いきなりで日本語で聞いてくれたにも関わらず…しどろもどろでした。。

そんな時に限って周りに誰もいなく、スマホも忘れるという状況で、どうしても

カニコロッケのカニが伝えられず、「とにかく、豚は入ってないから大丈夫ですよ」と答えるので精一杯でした(ノω・、`)

コンビニを出て、すぐハッとしました。宗教上、彼らは食べられないものがあるからです。

例えばイスラム圏の人はアルコールと豚肉は禁止されています。それが食品に含まれているかどうかは伝えられると思います。

しかし、ゼラチン、醤油、ラード(豚)などにまで私は気を配れるのか…

さらにさらに地域によっては甲殻類もダメ…というのを聞いたことがあります。

でも間違ってたら混乱させるだけかなと…モヤモヤとしたまま何とも言えない気持ちで帰宅しました。

宗教に限らず、アレルギーのある人と接する時も同様だな、と思いました。

「ちょっとくらいいいじゃない」では済まされません。

来年はオリンピックです。きっと観光で訪れる人も多いと思いますが、もし接する機会があれば日本人らしく、相手を慮った対応ができるようにしたいと思いました。

本日の漫画「サトコとナダ」はお互いの文化をの違いを受け入れ、尊重して思いやりをもって接しているとっても素敵な漫画です。

ぜひ!

 

 

インスタグラム&フェイスブックやってます!

フォロー&いいねしてくださいね♪

Instagram

Facebook