黒石建設

スタッフブログ

名もなき家事とは…

2018年 12月 21日 (金)

もうすぐクリスマスというのに、まだまだ秋のセンチメンタルな気分が抜けず、少女漫画を読みふけっているアキです。こんにちは。

 

今日は数年前から注目されている「名もなき家事」について。

家事共有のアプリが出来てました…iPhoneのみの対応ですが「Yieto」というアプリです。

 

そもそも「名もなき家事」という言葉が出てくる前に、雑誌 AERAで紹介されていた「共働きの家事育児100タスク表」というのが話題になったことがありましたが、ご存知でしょうか。

家庭によって内容は変わってくるとは思いますが、毎日することで気づかれない何気ない家事育児が約60項目…

な、なんとまぁ_(꒪ཀ꒪」∠)_

その他の突発的なものが何と約40項目。

この項目って、一人暮らしの人にも当てはまる家事はいくつかありますが、この項目表は家族がいる人、特に共働き夫婦ならではの項目…というかもはや不満リストです。

 

「Yieto」はそんな見えにくい家事を夫婦で共有できるんだとか。これ、何がすごいって、

「お互いの見えにくい価値観が共有できる」

ってことです。自分や相手がどういうところに気付いてどこに価値観を置いているか、色々わかります。

家事に限らずルールを決める時に、「気づいた方がやればいいんじゃない」って言う人に限ってやらないことってありませんか?

そんな感じでふんわり決めた人はきっと上記の項目の多さに気づいてない可能性が多いような気がします。

 

例えば「箱ティッシュが無い」という自体が起こったとして。在庫を把握して、無かったらどういう事が起こるかを知っている人がどうしたって早く気付くにきまってるんです。お互いが「箱ティッシュ」の存在と重要性を共有していて初めて「気づいた方がやればいいんじゃない」と言えるのではないでしょうか。

 

家族みんなが快適に暮らせるような家事って大変ですね。

 

そして今、だんだんと「家事代行サービス」も増えています。「やらなくてもいい」という選択肢もありな時代。

家族はまだないですが、家事の共有の大切さを知った今日この頃でした。