黒石建設

スタッフブログ

エイプリルしょっぱなは…

2020年 04月 01日 (水)

こんにちは。

突然ですが、

「おにぎり」がなぜ「おにぎり」というかご存知ですか?

それは「鬼を切る」、からきているんです。

昔の人は災いごとなどを鬼の仕業ということにして、そういったものから縁を切りたい。

「鬼と縁を切りたい。」で、「おにぎり」となったそうです。

 

……うそです。ごめんなさい人(´Д`★)

 

というかこれはバナナマンさんの昔のコント「ウソ」のコントの一部です。(これは本当)

設楽さん演じるセミナー講師(実は詐欺師)と日村さん演じるいろんな詐欺に引っかかってきた生徒のやり取りなんです。

レクチャーと称し、巧みな会話で日村さんを翻弄します。

 

もうね、設楽さん、本物の詐欺師に見える…(笑) 練りに練ったすごいコントです。

バナナマンさんのコントはお笑いの人の芸というより、本当によくできた演劇を見ているような気分になります。

 

「人は自分の都合のいい方にウソと本当を判断しがちなんです。

そういった人間の心理を突いた犯罪が詐欺なんです。」

と、もっともらしいことを急に真剣な顔でするところが本物の詐欺師っぽい。

 

このコントの一番すごいところは何が嘘で本当なのか、見ている人もわからなくなってくるところ。

そしてウソかどうかが重要なのだろうか?と考えさせられるところです。

「ウソを見破る」のが大事なのか、その先の「だまされないで適切な対処をする」のが大事なのか。

 

最近はコロナウィルスをはじめ色々な情報が飛び交っています。

沢山の情報を冷静に判断し、自分で答えを考えなくてはなりません。

ウソを見抜くのは難しいですが、最善の答えをみつけたいものです。

 

エイプリルフールということで今日は「ウソ」について考えてみました。

 

アキ

 

Instagramfacebookやってます!

 

«

»