黒石建設

スタッフブログ

30年前の夢、かなう。

2019年 11月 01日 (金)

だんだんと涼しくなってきて、大好きなお茶も冷たいのから温かい方を飲む機会が増えてきました。

こんにちは、アキです。

 

最近、ちょっとした夢が叶いました。

 

そう、あれは30年前、ちょうど今くらいの紅葉シーズンの季節に家族で紅葉旅行に日光に行った時の事。

ナビもない時代でした。もちろん、ネットなんてないですし、地図や雑誌だけがたよりです。

両親が地図を見ながらとあるチーズケーキ屋さんを目指して車を走らせど、まったくたどり着かず。

それどころか観光地にもかかわらずお店も少ない通りに出てしまい、車内は気まずい雰囲気に。

イライラする両親をよそに空気を読まない私が、お腹が空いた、を連呼し、たまたまポツンと営業していた喫茶店に入ることに。

40,50代くらいのマスターが一人でやっている小さなお店でした。

ところが、たまたまだったのかその日はメニューは飲み物とケーキしかなく、しかもケーキはショートケーキかチーズケーキのみ。

さらに気まずい感じに…なってはいましたが、これまた空気を読まずチーズケーキをチョイスする私。

…幼少のころから空気読まず_:(´ཀ`」 ∠):

タイムマシーンがあったら自分を止めたい。

 

ところが、このチーズケーキ、めちゃくちゃ私好みの美味しいケーキだったのです!

濃厚でちょっとスパイシー?でクセのある、食べたことがあるようでない味。

当時はスフレチーズやレアチーズのような軽やかなものが多かったので、余計に衝撃でした。

子供ながらすごく感動しました。

 

それからチーズケーキを食べる機会は何度もありましたが、あの味には出会えず。

ふと気になって自分でも作ってみたりもましたが、なんだか違う。

もうあの味は食べられないのかと、思い焦がれて30年。

 

先日、遅めの自分用誕生日ケーキ用にとネットで人気の「Mr.cheesecake」のチーズケーキを購入したのが大当たりでした!

1口目でやっと会えた!と思いました。

美味しいのと、夢がかなったのでなんだか幸せな気分になれました。

 

しかし、この商品、ネットで販売開始したら早ければ30分しないうちに売れてしまう人気商品。

それとほとんど変わらない味を30年前にひっそりと提供していたあのおじさんは何者だったんだろう。

30年越しの美味しさと引き換えに新たな謎が生まれた今日この頃でした。

 


インスタグラム&フェイスブックやってます!

フォロー&いいねしてくださいね♪

Instagram

Facebook

«

»