黒石建設

スタッフブログ

ゾーン

2018年 04月 11日 (水)

おはようございます。アキです。

 

省エネマイスターという検定に向け、ぼちぼち勉強を始めました。

年々モノを覚えるのに時間がかかり、年をとるとはこういうことか、と痛感しています。

 

勉強するとき、好きな音楽を流して勉強します。

もともと集中力のない私が集中力をあげる方法…「音」と「音楽」です。

聞き入らない程度の音量のテレビや音楽を流すと不思議と集中できます。

なのでなるべく音楽の場合は歌詞のない音楽を流すのですが例外が。

写真は石原裕次郎さん主演の映画「嵐を呼ぶ男」のドラムのアテレコも務めた白木秀雄さんのCDアルバム。いわゆる日本のジャズです。

 

初めて聞いたとき本当にドラムを一人で叩いているの?と思う超絶技巧な速さと和太鼓じゃないの?と思うような音の個性の強さに衝撃を受けました。

「ジャスト・ワン・オア・エイト」(一か八か)なんてタイトルがついてるようなアップテンポの曲もあります。

なによりジャズなのにちゃんと「日本」。引き込まれてしまい、全く集中できませんでした(笑)

集中すると音が聞こえなくなるくらいになるのですが、この白木秀雄クインテットの音楽は音楽の方に集中してしまいます。

 

白木秀雄さんの音楽とは違いスロースターターな私。

来週試験です…_:(´ཀ`」 ∠):

間に合うかわかりませんが、音楽を聴いて頑張ります。

 

«

»