黒石建設

スタッフブログ

マジギリチョコ

2018年 02月 11日 (日)

おはようございます、アキです。

昨日は雨の中にもかかわらず、、三木町の黒石建設の新築完成見学会に来てくださったたくさんの方々、ありがとうございました。

引き続き明日まで開催していますので、気になる方はお出かけついでにでもぜひいらしてください。

 

 

さて、チョコレート好きにはうれしい時期になりました(●´ڡ`●)ムフフ

 

今年はゴディバ ジャパンが新聞の1面を使って出した広告の

 

「日本は、義理チョコをやめよう」

 

というフレーズが話題になっています。

 

義理チョコが悪い、という意味ではありません。

広告の内容としては、好きです、という思いや日頃のありがとう、という感謝の意味を込めた相手に自分の気持ちを伝えるチョコならあげてもいいけど、チョコをあげることが義務になっていませんか?みんながやってるから自分も義務的にあげる…そんな思いのこもってない楽しくない習慣はやめませんか?というような内容です。

 

最近よく読んでいる漫画に似たような内容のストーリーがあります。「おい、ピータン!!」(6巻)というエッセイ漫画です。

 

 

 

主人公(右側のぽっちゃり男性)大森さん曰く、「バレンタインには3種類のチョコがある。①本命(マジ)チョコ、②義理(ギリ)チョコ、そして③のマジギリチョコ」

 

③は旦那さんやパートナーにあげるようなチョコの中でも、冬至のゆず風呂や節分の豆まきのように行事レベルになってしまった、本命なのに義理チョコ、という世界で一番悲しいチョコ…らしいです。

漫画ではこの後、大森さんの話を聞いていた会社の同僚(女性)とその旦那さんのお話になって、マジギリチョコの新たな展開があるのですが…それはさておき。

 

チョコだけに限らず、それを手にした相手や自分を思い浮かべてウキウキしながら買ったものとただ単に買ったもの、やっぱり違う気がします。

そして私はとりあえず自分で食べる用の本気なチョコを買いに行こうと思った今日この頃でした。

 

«

»