黒石建設

スタッフブログ

S様邸 基礎工事

2017年 07月 18日 (火)

こんにちは、吉見です^^

今日は10日ぶりに早朝ウォーキングしてきました!

やっぱりすがすがしい気持ちになりますねー♪ 20分間で終了しましたが。

 

今、ある新築現場で現場工事の勉強をさせていただいています。この日は基礎工事。

黒石建設は「ベタ基礎」を標準としています。この工法は、底面全体で建物を支えるので、不同沈下に強いのです。

 

 

午前10時。気温が上がってくる中、職人が汗を流しながらアームを使って型枠の中にコンクリートを流し入れます。

 

 

 

表面をコテを使って丁寧に平滑にしていきます。本当にキレイに仕上げていくんですよー。これぞ職人技!

 

 

 

 

型枠にコンクリートを流し込んだ後、木枠との間に隙間がないか、確認していきます。

細かい所まで丁寧に仕上げていく作業に感服しました。

 

 

 

生コン業者の方も、コンクリートの状態を常にチェックしています。このプロの背中。かっこいい。

 

 

 

作業終了。あとは、コンクリートが固まるのを待って次の作業にうつります。夏場だと、1~2日で固まるそうです。

 

建物を支えるコンクリート基礎。家の価格の中でも大きい割合を占めている意味がわかりました。

基礎を作り上げるのに、いくつもの会社と何人もの職人が関わっています。その作業は正確さと丁寧さを必要とするため、時間がかかります。だって、何十年も家を支えないといけないんですもんね。

当たり前のように見ていた自分のおうちの基礎も、こうやって職人さんがプロの技を駆使して作り上げたものなんだって分かると、もっと家を大切にしよう。と思いますよね。

 

現場って、おもしろい!

 

次号につづく。

 

«

»