黒石建設

スタッフブログ

なぜ?手付金ってなんのため??

2010年 02月 02日 (火)

「手付金を払ったら、営業マンの態度が変わった」とか「解約しても手付金を返してくれなかったしかも100万~300万!というお話を聞くことがあります。これはいったいどういうことなのでしょうか?

本来、手付金というものは「工事代金に充当される性格を持つ」とされています。つまり、工事金の支払いであるわけです。実際、工務店が工事を始めてから初めて工事金を業者に支払います。契約の時点ではいらないわけです。

しかし、契約時点でどうしてお金が必要になるのでしょう?

これは契約時に手付金(しかも多額の)を頂いて、お客様の気が変わらないようにしようという意味があります。お客様を拘束する縛り付けるようなこの悪しき習慣を、私共は無くしていきたいと考えております。ことあるごとに、アピールしていきます。

実際、私共のところに寄せられるご相談の中に、「契約を止めたいんだけど、お金を返してくれない」というものが意外と多いのです。住宅は消費者の方が自由に選ばれるものです。決して縛り付けるようなものであってはいけません。

                         資料請求する

«

»